〜「渋谷」の街をイメージ 〜
障がい者アーティストが描いた巨大壁画が完成
2015年5月23日から東急百貨店東横店で展示


株式会社 東急百貨店(以下、当社)は、一般社団法人 障がい者自立推進機構
※1と連携し、障がいを持つアーティストが描いた巨大壁画を、5月23日か
ら東横店で展示しています。

今回完成した作品は、高さ約2.5メートル、幅約6.5メートルの巨大な壁
に約1週間かけて描き上げました。作者が実際に歩きまわって感じた“渋谷”を
独自の世界観と独創的な色彩で表現しています。

障がい者アーティストが描いた巨大壁画が完成2
<作品名> The Cultural Amalgam of Shibuya (渋谷の文化的な混合) 
技法・画材:アクリル画・アクリル絵の具(アクリガッシュ)


企業が障がい者に代わりアートの魅力を発信していくことで、障がい者の活動
の場が広がるとともに、経済的な自立支援にもつながります。このような“パ
ラリンアート”※2の取り組みは、新しい社会貢献活動として注目されており、
当社も積極的に支援し、普及活動に努めていきます。
障がい者アーティストが描いた巨大壁画が完成


【概要】
■展示場所 :東急百貨店東横店 (渋谷区渋谷2-24-1 西館2・3階 
銀座線昇降口階段) 
■展示期間 :2015年5月23日から  
※東横店の営業時間(10時〜21時)中、展観可

株式会社 東急百貨店 経営統括室 広報部  電話:03(3477)3103