シチズンが「BASELWORLD 2013」に出展したブース 
ドイツデザインアワード 2015「特別賞」を受賞



シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:戸倉 敏夫、
以下 シチズン)がBASELWORLD 2013(注1)に出展したブースが「ドイツデザイン
アワード 2015」の「エクセレント コミュニケーションズ デザインーインテ
リアデザインカテゴリー」で特別賞を受賞しました。

BASELWORLD 2013 CITIZENブース


当アワードはドイツデザイン協議会(The German Design Council)が主催して
いる国際的に権威のあるデザイン賞で、受賞候補となるには国際的なデザイン
賞を受賞していること(注2)が必須条件であり、さらにそれらの中から対象が
選定されます。
シチズンは、世界に向けてグローバルメッセージを発信することを目的として
BASELWORLDに出展しています。また言語の壁を越えてより多くの人々に魅力的
に感じていただくため、ブース内でインスタレーションを展示しています。

今回「インテリジェント フォレスト」というコンセプトで外部と内部が有機
的に融合した境界を持つブースデザインと「FROZEN TIME」と名付けられた50,
000個の時計の基盤部品「地板」を使ったインスタレーションが評価されまし
た。


ドイツデザインアワード 2015内シチズン受賞記事は以下でご覧いただけます。
http://gallery.designpreis.de/gdagallery/show/Project/baselworld-citizen-booth.html

注1 BASELWORLDは1972年から毎年春にスイス・バーゼルで開催される世界最
大の時計・宝飾の展示会です。
注2 シチズン受賞実績:iFデザインアワードの「コミュニケーションアワー
ド2014」で「インテリア・アーキテクチャー部門入賞」


<シチズン時計とは>
シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュー
ルであり、世界100ヶ国以上でビジネスを展開しています。1918年の創業以来、
“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動
する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」という信念のもと、
世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波
時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。
シチズン時計は、これからも時計の未来を切り開いていきます。