保田龍門・保田春彦 展@和歌山県立近代美術館

保田春彦
保田春彦《父の像》1951/2013鋳造


日本の現代彫刻を牽引してきた彫刻家、保田春彦(1930〜)と、
その父である画家・彫刻家の保田龍門(1891〜1965)。
ともに現在の和歌山県紀の川市で生まれ、それぞれに芸術の道を
歩むことになったふたりの作品を、保田龍門の没後50年となる今年、
あらためてご紹介します。

保田龍門は東京美術学校西洋画科を卒業し、在学中から彫刻の研究
も行いました。29歳の年にアメリカ経由で渡欧、3年あまりを
過ごしたのち帰国しました。パリで学んだ師ブールデルの影響を
物語る女性像から、日本神話をテーマとした絵画や彫刻へと、
モニュメンタルな表現の探求を続けました。

保田春彦は東京美術学校彫刻科を卒業後、1958年から10年間
ヨーロッパに滞在し、彫刻を学びました。滞欧中に巡った中世の
教会や街を思わせる鉄や銅、ステンレスによる作品は、純化された
シャープな形体に独自の世界観が込められています。近年は闘病生活
を送る自身の姿と周辺の様子を描くクロッキーの発表を続けています。
また一昨年には滞欧中に父、龍門と交わした往復書簡を書籍として
発表しました。

展覧会では、当館所蔵品を中心に、それぞれの彫刻・絵画の代表作や
デッサンを展示し、芸術家として歩んだ親子の足跡を辿ります。


5月26日(火)~7月5日(日)


【会場】和歌山県立近代美術館 2階展示室

【会期】2015(平成27)年5月26日(火)―7月5日(日)
【開館時間】9:30~17:00(入場は16:30 まで)
【休館日】月曜日(ただし月曜日が祝休日の場合は翌日休館)
【観覧料】一般510(410)円、大学生300(250)円 ( )内は20 名以上の団体料金
*高校生以下、65 歳以上、障がい者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料
*毎月第4土曜日は「紀陽文化財団の日」として大学生無料

【関連イベント】
●ミュージアムトーク(学芸員による展示解説)
6月6日(土)、6月14日(日)14:00〜15:00 場所:2階展示室(要観覧券) 


和歌山市吹上1-4-14
電話番号 073-436-8690