鳥井雅子 展『青嵐 』 @ギャラリー恵風(1階)

toriimasako[3]


私は漠然と視覚的にうかんでくる「架空の場所」をイメージす
るところから、作品をつくり始めます。
「架空の場所」とは、私自身の内なる「秘密の庭」みたいなも
のと想定しています。
人は誰でも内なる「秘密の庭」を持っているけど、普段はなか
なかそこには行きつけない。
いつも目の奥に存在するけれど、容易にはそこに身をおいてみ
ることは出来ない。
いわば意識と無意識の中間地帯のようなところに、記憶のかけ
らを配置して描いた、私の「あおあらし吹きわたる秘密の庭」
を見ていただけたらと思います。

 鳥井雅子


「 ホフマンの窓から庭を眺める 」

「 ホフマンの窓から庭を眺める 」


2015年6月2日(火)〜6月14日(日)
12:00~19:00(最終日18:00まで)


■鳥井 雅子  TORII Masako
1955 大阪生まれ 
1978 京都芸術大学美術大学美術学部西洋画科専攻卒業 
1980 京都芸術大学美術専攻科版画専攻修了 
1981~2012 東京、京都、大阪、倉敷、神戸、芦屋、西脇市、
        ソウルなどで個展、グループ展多数。 
2003、ʼ06、ʼ09、ʼ11 「STUDIO GRANITO EXHIBITION」
          (鳥井雅子が主催する銅版画スタジオの展覧会) 
2007、ʼ08、ʼ09  百花繚乱展(神戸、兵庫県立近代美術館) 
2009 第77回版画協会展 招待出品(東京都美術館) 
2012、ʼ14 尼崎アートフェステイバル  
イラスト、挿画の仕事 フィガロジャポン、日本航空機内誌ウィンズ、
読売新聞近畿版夕刊 などに挿画を描く。
 Suntoryレデイースオープン、ゴルフトーナメントのポスターetc 
のイラストを描く。


・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・

村山順子 まきもの展『Stoles』 @ギャラリー恵風(2階)

murayamayoriko[2]


絹糸、絣、平織りのシンプルな織物の着尺や立体作品を
制作してきました。今回はスカーフを中心とした展示です。
コチニールやインド藍などの鮮やかな色の天然染料を好ん
で使っていますが、椿、オリーブ、琉球朝顔、クサギ、ド
ングリ、タマネギなど庭や里山の身近な植物。また、倒木
を防ぐためにやむなく大幅に払い落とされた3月の桜の枝
も煮出して使ってみました。どんな色が出せるのか、楽し
みながら制作しました。皆さんにも楽しんでいただけたら
幸いです。

村山順子
 

村山順子 まきもの展 会場風景

村山順子 まきもの展 会場風景

2015年6月2日(火)〜6月14日(日)
12:00~19:00(最終日18:00まで)


■村山 順子  MURAYAMA Yoriko
1959  京都市生まれ
1983  京都市立芸術大学美術研究科染織専攻修了
2001  出原司と二人展及び子供のためのワークショップ、
          ゲイトフースカルチャセンター(デンマーク)
2003  第4回インターナショナル・テキスタイル・アート展、
      カウナス(リトアニア) 
2005  ノーザンファイバーVI展、ケラバ美術館(フィンランド) 
2006  ex.changing tradition 展 パース (オーストラリア)、
                      京都芸術センター 
2008  第2回わざゼミ参加・わざゼミ報告展・京都芸術センター
2009  テキスタイルミーティング・元立誠小学校(京都)
2010  第13回タペストリートリエンナーレ、ウッジ、(ポーランド) 
2011  ミニアートテキスタイル、招待出品、コモ(イタリア)
     Re; a prefix WA美術館、パース(オーストラリア)
2012  Sprits of things 展、フローギャラリー、ロンドン(イギリス) 
2013  Cloth & Memory 展、ソルトミルギャラリー、
      ヨークシャー (イギリス) パブリックコレクション 
ギャラリー・ソンバトヘイ(ハンガリー)
1996、2000  京都造形芸術大学非常勤講師



●会場
京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側
TEL:075-771-1011
12:00~19:00(最終日18:00まで)
月曜日休廊 ¥無料