木村秀樹 個展『半透明の皮膜による絵画』@イムラアートギャラリー京都

kimura_hideki
1 of 1 :
Fall Maker 3
2008
Squeegeeing Acrylic on Canvas
180×125×5cm


この度イムラアートギャラリーでは、木村秀樹個展
「半透明の皮膜による絵画」を開催致します。

京都では5度目となる本展では、1998年より取り組んでいる
キャンヴァスを支持体としたSqueegeeing Acrylic on Canvas
シリーズの経緯と現在形を併せて展示致します。

木村秀樹は、版画家として1974年に鮮烈なデビューを飾った後、
主にシルクスクリーン技法にて制作すると共に、紙、ガラス、
キャンバス、と多岐にわたる支持体を駆使して、絵画と版画の
融合した作品も制作してきました。

安寧を良しとせず、常に変化を求める木村の作品は、
いつも私たちに新鮮な驚きを与えてくれます。
二次元の中に広がる三次元の空間。
その三次元イメージは、半透明でおぼろげであるため浮遊感があり、
目の前に立ち現れて触れられそうな立体感と、霞の向こうで
揺らめいているような非現実感と、両方を併せ持ち、
作品を見る度に不思議な感覚を覚えます。木村の独自の手法により
生み出されるSqueegeeingの世界を、どうぞご堪能下さい。
 

期間: 2015年7月18日(土)〜8月29日(土)
日時: 11:00〜19:00(日月祝休)
レセプション | 7月18日(土)17:00〜 
 
●会場
イムラアートギャラリー京都
京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31
開廊時間 :火曜日〜土曜日 / 11:00 - 19:00
休廊日 :日・月・祝祭日
Tel : 075-761-7372 



HIDEKI KIMURA works:1972-1990
木村秀樹
ノマルエディション
1990-10-01