松園量介 展『誰かの記憶』@DMOARTS【Press】


昨年9月のDMOARTSにおける関西初個展も記憶に新しい松園量介が、
一年ぶり2度目の個展を開催します。
カラーインクで描かれる世界は、すこし冷たく、遠く、しかし蠱惑的な、
ここではないどこかの風景や、誰でもない誰かの思い出です。

今回は3メートル近い大作や、作家自ら絵付けに挑戦した
陶器などをご用意しています。

公開ドローイングイベント 8.29(土) 14時から…ハガキサイズの画用紙に、
リクエストに応じてドローイングをいたします。一枚¥3,500(税別)

オープニングレセプション 8.29(土)18時より入退場自由。
是非ご参加下さい。

松園量介


少し奇妙な一族の架空の思い出
そんな人達の壁に貼ってある写真とか、朽ちた物とか、
記憶の染みのようなイメージ。
(誰も知らない、ありもしない)遺品整理のような。
松園量介
 

松園量介 
1984年生まれ 東京在住 
2007 ハートランドビールドローイングビエンナーレ受賞/トーキョーワンダーシード
2009 2010 2012入選/第191回ザ・チョイス入選
2014 個展「Kepakemapa」 DMOARTS
 

●展示期間
2015年8月26日(水)〜9月8日(土)
時間:10:00〜21:00 ※最終日のみ18:00閉廊
レセプションパーティー:8月29日(土)18:00〜21:00
※入場無料


●会場
大阪市北区梅田3-1-3 (LUCUA 1100 B1F)  
電話 06-6485-7341