『ここだけの日本画』@和歌山県立近代美術館

ここだけの日本画
野長瀬晩花《被布着たる少女》1911


豊かな歴史や文化を持つ和歌山は、日本画の分野でも近現代美術を
開拓してきたすぐれた画家を輩出し、また多くの日本画家が風光明媚な
この地を訪れ画題としてきました。
この展覧会では、当館が和歌山ゆかりの日本画家を中心にして培ってきた
日本画コレクションの中から、代表的な作品をご紹介します。

日本美術院の創設に携わった下村観山(1862〜1930)、同院で作品を発表し、
青龍社を主宰した川端龍子(1885〜1966)はともに東京で活躍した
和歌山市出身の画家です。
当館の所蔵品の中でも注目される彼らの作品は、それまでの日本画のあり方に
一石を投じました。

一方、和歌山県田辺市出身で、国画創作協会の設立に加わった野長瀬晩花
(1889〜1964)を軸に、晩花と交友の深い秦テルヲ(1887〜1945)や
国画創作協会会員の土田麦僊(1887〜1936)らのほか、同会にも参加した
日高昌克(1881〜1961)、日本南画院で活躍した山口八九子(1890〜1933)
など和歌山に縁深い作家を含め、当館ではその周辺の京都画壇に関しても
収集を進めてきました。今や当館の日本画コレクションの大部分を占める
これらの作品には、目覚ましく揺れ動く京都の日本画の状況がうかがえます。

また、戦後関西で結成されたパンリアル美術協会の三上誠(1919〜1972)、
下村良之介(1923〜1998)らの、日本画の従来の枠組みを超えた前衛的な
表現から、現在も第一線で活躍する和歌山県田辺市出身の稗田一穂(1920〜)
の日本画の伝統に根ざした詩情あふれる表現にいたるまで、幅広い作風を
もつ当館所蔵の現代作品も、日本画の新たな可能性を考える上で欠かせない
存在です。

本展覧会では、主に当館の所蔵品59点から、和歌山ゆかりの作家や同時代の
作家の名品を展示し、伝統と革新が交錯する近現代の日本画の魅力に迫ります。


●会期
2015年9月11日(金)〜 11月3日(火) 
9:30~17:00(入場は16:30 まで)

【観覧料】一般510(410)円、大学生300(250)円
 ( )内は20 名以上の団体料金

*高校生以下、65 歳以上、障がい者の方、
県内に在学中の外国人留学生は無料

*毎月第4土曜日は「紀陽文化財団の日」として大学生無料


●会場
和歌山県立近代美術館 2階展示室
和歌山市吹上1-4-14 
TEL:073-436-8690