アーティストインタビュー 伊勢田理沙さん【He-art】


伊勢田理沙プロフィール


【He-art】本格的に絵を描くきっかけは?

【伊勢田】絵は物心がついた時期から描いてますが、
ちゃんと描き始めたのは大学に入ってからです。
それまでは地元で教員をしたいと思っていたので、
大学は教育学部を選びました。
佐賀大学は「特美(特別教科美術・工芸教員養成課程)」
の流れを汲む美術・工芸課程があり、九州で美術を
学ぶなら佐賀大学だと定評があったこと、
学費の安い国立大学であったことも選んだ理由です。
(※来年度から芸術地域デザイン学部として美術・
工芸課程から生まれ変わります。)
ところが、大学に入ってすぐ小木曽誠先生の絵を見たときに
「この人に絵を学ばなければ!」と思い研究室に入ったのが
本格的に描くことになったきっかけです。
最初の素描の授業を担当する先生が小木曽先生で、
時間外で課題や制作活動をしていたところ先生に声を
かけていただいて先生の作品を見て感動したことで
油絵を描いていこうと思いました。
他の美術系大学と違って、佐賀大学は休みの日でも
自由に校内に入れたので、いつも制作活動が出来ましたし、
学生と先生方との距離感が近く困ったことがあると熱心に
相談に乗ってくださることも良かったです。

大樹の囁き
「大樹の囁き」  《2015年》  S100 パネルに綿布、白亜地、油絵具、テンペラ絵具

卒業直後から画家として?

中学・高校の教員免許を持っていますので、大学院終了後から
2014年度までは中高の非常勤講師を2年間しました。
現在は大学で彫塑と西洋画モデルや事務作業のアルバイトを
しています。大学で学生や、先生の作品に触れたり、
話ができたりしているので良い刺激になっています。

初個展はいつですか?

実は、今回(今年12月)が初めてなんです。
大学時代も個展は開いたことがないですね。
白日会に作品を出すようになって4年目なんですが、
毎年そこで大作を出品するという自分の課題にしています。

web伊勢田理沙
「夢の外へ」P30、パネルに綿布、白亜地、油絵具

作品に女性や猫が多く登場しますね

モデルは仲の良い友達や先輩・後輩です。
久しぶりに会う時はまず色々な話をして、いま彼女がどういう
状況下にあるのかを聞きます。そうやって会話した後に
ポージングしてもらい、クロッキーや自分が感じたことを
メモしておき、写真を撮らせてもらっています。
男性の作家さんは人物画を描く時にどちらかといえば
理想像を描いてることが多いと思うのですが、
私は綺麗な人を描きたいというより、モデルになってもらって
いる彼女自身のことを描けたらなと思ってます。
猫は好きなのでよく描くんですが、近所の野良猫だったり、
友達の飼い猫を取材しています。いわゆるかわいい猫ちゃん
というよりは、猫独特の表情や仕草を描きたいのです。
あと、最近は野良猫で耳カットされている猫を描いていたり
するのですが、猫好きな方でも意外と耳カットの意味を
知らなかったりするので、そういったことも知ってもらえたらと。
猫のデッサンは普段からペンと色鉛筆を 使って描いています。
猫がいる風景を描く場合は背景だけある程度描いてから
猫を描いています。猫が好きすぎてそこばっかり描いてしまうので。(笑)
空想画はイメージがわかないし苦手なので描かないですね。
絵にメッセージを込めて描いていますが、どんなメッセージかは秘密です。
絵を観て感じていただけたらなと思います。
自分は思っていることと違う感じ方をされても、受け取り手の
感想が聞けて楽しいです。

わがまま
「わがまま」(一部分) 《2014年》  H53.0 x W91.0cm
パネルに綿布、白亜地、油絵具、テンペラ絵具


どのような手順で描き進めてますか?

絵をおこすときは、下絵をトレース紙を使って転写し墨入れしたあと、
インプリマトゥーラをして、そのあと仕上がるまで最低3層ほど重ねます。
油絵は小さい作品でも1ケ月はかかります。
色々な作品と並行して描くことが多いですけど。
100号の絵で半年ほどかかりました。
なので制作ペースは早くないと思います。

日々の生活サイクルや休日の過ごし方は?

アトリエは祖母の家にあるので、昼過ぎから夜11時ごろまで
そこで制作活動をしています。休日といっても絵を描いています。(笑)
絵を描かない時は美術館に行ったりしますね。
普段はあまり佐賀県から出ないですよ。

失礼ですが、かなり華奢ですね?

よく言われるので慣れましたが、体があまり丈夫ではないので、
体力をつけるよう散歩などもしています。
でもストレス発散にバッティングセンターにも行ったりします。
80キロくらいの球速なら打てますよ。
先日は自打球に当たってしまいましたが。(笑)
作品に関しても絵を描くだけでなくホームセンターで材料を買って来ては
自分で木製パネル作りからもしますね。たくさん並んでいる角材も
歪みが無い物を一本ずつ厳選します。
既成のパネルを買うより手間はかかりますがかなりの節約です。
大学時代に、木工も学んだのでパネルを作るのは得意なんです。

プライベートな情報もください(笑)

3人兄弟の真ん中で、兄と弟がいるんですがみんな仲が良いんですよ。
弟は東京にいるので遊びに行ったりしますし、東京での展示は絶対観に
来てくれますね。弟の方が「おにいちゃん」みたいな存在で面倒を
見てくれます。それとやっぱり猫が好きなので、猫グッズ集めが趣味です。
キャラクター「でぶねこ」のグッズや、リアルな猫のフィギュアを集めています。
猫のガチャガチャも好きですね。
あとは…人見知りな性格なので初めての方に積極的に話しかけたりはしないです。

まる
「まる」  《2015年》  F8 パネルに綿布、白亜地、油絵具 

アーティストを志す人へメッセージを

大事なのは、絵を描くことを続けることだと思います。
描かないと鈍ってくるし、頭で考えることも必要ですが、
常に手を動かすことが大切だと思います。
大学を卒業して仕事を始めたりすると、絵を描かなくなってしまう
人が多いんですよ。そういう人に限って「大学時代は良かったな」
とか言うんですが、それなら今から、「絵を描けばいいじゃん!」
って思いますね。
あと公募など積極的に出した方がいいと思います。
まず目標を立てることが大事です。


伊勢田

●伊勢田理沙(いせだ りさ)
1988年 佐賀県生まれ(1988年5月15日)
2013年 佐賀大学大学院教育学研究科修了
      第一回空想美術大賞展奨励賞受賞
2014年 第90回白日会展オンワードギャラリー賞受賞
2015年 第91回白日会展アートもりもと賞受賞、会友推挙


★2017年11月22日から、伊勢田理沙さんがツイッターを始められました。★

isedarisa