松本和子 個展『last frontier』@芝田町画廊

松本和子



約2年ぶりとなる個展を開催いたします。
今回は「喪失」をテーマとしたシリーズのフレスコ作品を展示します。
このシリーズでは人々が過去に失ってしまったもののように、
関わりたくても関わりの持てないものに対して、
作品を通して関係を持とうと試みています。

また、この展示では今年の5月に京都市美術館の「2015京展」で
京展賞を受賞した作品「楽園に似ている」を再展示します。
大学院の修了制作である壁画の一部をストラッポ技法で剥がしたもので、
思い入れが深い作品です。

そして、2011年から続いた芝田町画廊での個展は今回が一旦の区切りとなります。
この展示が1人でも多くの人の記憶に残るようなものになればと思います。
この機会に是非ご高覧ください。


1988年大阪生まれ、2015年京都市立芸術大学
大学院美術研究科絵画専攻壁画 修了。
2014年「松本和子個展 Record for Lady」芝田町画廊
(同 ’11年、’13年)、
「 RENGE SHOW」MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w、
「蓮華荘オープンスタジオ 2015-a one-story house-」
共同アトリエ蓮華荘(同 ’11、’12、’13、’14年)など、展覧会他多数。
2016年1月 京都府京都文化博物館にて「琳派400年記念 
新鋭選抜展–琳派FOREVER–」出品予定。


【会期】
2015年12月10日(木)~12月22日(火) 16日(水)は休み
11:00~19:00(最終日は15:00まで)

※12日(土)17:00よりアートプロデューサー 西野昌克氏と
松本和子のトークイベントを開催いたします。
また、トーク後にはささやかなパーティも行います。
是非お気軽にお越し下さい。


●会場
大阪市北区芝田2-9-19 イノイ第2ビル1階 
電話 06-6372-0007 
11:00~19:00(最終日は17:00まで) 
水曜日休廊 ¥無料