創治朗 Contemporary Art Galleryさんで開催中の、
大槻香奈 個展『おやすみからのおはよう』に行ってきました。

960093_924829200929238_9077156603453008191_n

 
『おやすみからのおはよう』というタイトルにもあるように、
眠りについてから目覚めるまでの間にみる夢。
大槻さんは過去に一度だけ遊園地で遊ぶ楽しい夢をみた以外、
ほとんどが悪夢だという。
無意識の中にそんなイメージも残しているのだろうか、
精神クリニックに置いてもらいたいと作品の前で語った。

1424272_924829267595898_1877665440348134586_n

 
夢とはまた違うが、彼女の家の箪笥に長年眠っていた新作は、
小学校の先生をしていた頃の曾おばあちゃんらの集合写真や、
どこかで見たかもしれないけど何処かわからないという
近所らしい風景の写真の上にドローイングを施した作品となっています。
無いはずの遠い昔の記憶、そして辻褄を合わせるように
都合良い解釈で夢を繋げるように、自信の手による加工が
必要だったのかもしれない。

11225255_924829214262570_5955852667372522173_n

 
また、集合写真、蛹のカプセルの作品、多数の女子高生が並んでいる
『ずっといい』など、今回は『整列』が裏テーマとなっていて、
今後の制作にも繋がるテーマとなるそうです。

1918586_924829227595902_91244902281768637_n

10592650_924829240929234_323623153314413412_n

 
大阪のDMOARTS、京都の京都嵯峨芸術大学、
東京のArt Complex Center of Tokyo、と今年に行っただけでも
4カ所目でしたが、また違った意味を持った展覧会になっています。
アーティストトークは、1月9日 18時~。

【大槻香奈 公式サイト】


●会期
2016年1月24日(日) ※1月1・2・3日は休み。
開廊時間: 木~日曜 12~19時
休廊日: 毎週 月~水曜


●会場
兵庫県伊丹市中央6丁目1‐33  2F
(阪急伊丹駅より徒歩約6分・JR伊丹駅より徒歩約9分)
Tel:072-773-3910



鳴く女 (TO文庫)
福谷修
ティー・オーエンタテインメント
2014-03-01


禍家 (角川ホラー文庫)
三津田 信三
角川書店
2013-11-22


TRANSIT LOUNGE
さやわか
s10rw
2011-09-20