成田朱希/さかもと未明/小林美佐子『池田満寿夫×3人の黒いヴィナス』@不忍画廊


マンゴ
マンゴ 1976 リトグラフ 580×450


池田満寿夫の芸術を語る上で欠かせないエロス。
『エロスと創造のあいだ』(ヨシダヨシエ著・‘86展転社)の
ヨシダとの対談の中で「(抜粋)…裸体画はアカデミックな世界では
氾濫しているが、キュビズムの視点を通ったセザンヌ、
ピカソ以降のモダン・アートの世界で裸体画の範疇は小さくなってると考え、
あえて裸体をテーマに選んだ…」と語っている。
改めて初期から晩年までの作品の中の女性たちは、動きはあるが無表情で
匂いも感じない。
今展は池田満寿夫の初期から晩年までの様々な手法・スタイルで描いた
裸体画と、画廊がセレクションした3人の現代女性作家を組合わせた
オマージュ企画となります。



【池田満寿夫】
(1934~1997)/1960~1980代のドライポイント、メゾチント、
リトグラフ、写真など10点
【成田朱希】
(1966~)/新作、彩色ドローイング、春画など10点
【さかもと未明】
(1965~)/池田満寿夫へのオマージュ作品、版画家として本格デビュー展。10点
【小林美佐子】
(1985~)/池田満寿夫へのオマージュ新作、近作など10点




●会期
2016年3月1日(火)~26日(土)


●会場
不忍画廊
東京都中央区日本橋3-8-6
Tel. 03-3271-3810
11:00~18:30
日祝休廊


日本現代版画・池田満寿夫
池田 満寿夫
玲風書房
2003-08




池田満寿夫―日付のある自画像 (人間の記録)
池田 満寿夫
日本図書センター
2000-11-25


池田 満寿夫
潮出版社
1977-11


池田満寿夫20年の全貌 (1977年)
池田 満寿夫
美術出版社
1977-11








神様は、いじわる (文春新書)
さかもと 未明
文藝春秋
2009-10








SHOW CASE
Mimei Sakamoto (さかもと未明)
MIMEIDIA
2013-03-01