愛知県立芸術大学 博士学位論文作品展@愛知県立芸術大学

愛知県立芸術大学美術研究科博士後期課程は、
高度な専門的能力に理論的分析能力、
表現能力を加えることによって、自立して活動し得る芸術家・
研究者を育成する目的で2009年に開設しました。


これまで各領域における専門的な知識と幅広い視野を培い、
研究に取り組み、本年度は日本画1名、油画・版画1名、彫刻1名が
博士学位を取得しました。
研究の集大成となる論文及び作品を公開し、その成果を問うべく
博士学位論文作品展を開催します。



【藤田典子/油画・版画】
 空想世界の全景を目指し、細密版画を構成・展開させる新たな版画表現の可能性
 ―緻密な描写により画面を埋め尽くす方法の先にあるもの―

愛知県立芸術大学 藤田典子


【徐凡軒/日本画】
 風景山水―美術における「純化」表現

愛知県立芸術大学 徐凡軒


【山下圭介/彫刻】
 彫刻における空間表現「空間を彫刻する」―実践と研究

愛知県立芸術大学 山下圭介


●会期
2016年3月23日(水)~3月27日(日)
10:30~16:30
期間中無休


●会場
愛知県立芸術大学 芸術資料館
長久手市岩作三ケ峯1-114
Tel・Fax:0561-76-4698