大本幸大 個展『雑景』@マサタカコンテンポラリー


ヒトは街によって維持され、街もまたヒトによって生かされている。
ここからは、その連鎖が装置とも生命体ともつかぬ、
得体の知れない巨大な存在を成し、 蠢いていることを肌で感じられる。
私達ヒトとは何なのか。
そんな問いかけへの解答も、この〝雑景〟の中で、ゴミと一緒に
転がっているのではないか。
そんなことを考えながら、私は今日も、転がる筆を無造作に掴む。
 

Kota_Omoto_Connector
大本幸大/Kota Omoto《Connector》2016, 91×72.7cm, oil on canvas


大本さんの個展、満を持しての開催まで、やっとここまできました。
彼の作品に一目惚れし、彼の人柄が好きになり、もう何年が過ぎたか……。
お互いに納得できる体制や環境がやっと整い、念願の個展をギャラリーで
開くことができ、感無量です。
彼が作品を通して一貫して表現し続けていることは「ヒトがヒトらしくいきるとは」。
迫力と伝える力に圧倒され、茫然と立ち尽くしてしまうほどの作品群、
是非、ご堪能ください。
MASATAKA CONTEMPORARY Director – 高橋正宏
 
 
◆大本幸大
1988年 山形県酒田市生まれ
2011年 武蔵野美術大学 造形学部油絵学科卒業
2013年 武蔵野美術大学 造形研究科修士課程絵画コース修了
 

●会期
2016年5月7日(土)~6月4日(土)
 11:00~19:00
入場料:無料

オープニング・レセプション 5月7日(土) 17:00~19:00 


●会場
MASATAKA CONTEMPORARY(マサタカコンテンポラリー)
東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F 
Tel 03-3275-1019 Fax 03-3273-9309
火〜土 11:00-19:00
日・月・祝日 休廊, 入場無料