服部しほり 展『嘉辰令月』@蔵丘洞画廊

服部しほり 慶雲興
           『慶雲興』 90.9 × 65.2 cm


浮世絵、春画、大津絵、禅画はいうまでもなく、伊藤若冲や曾我蕭白のように、
或いは宮廷画家であった狩野永徳においてさえ大胆闊達に独自の美意識を表現した
時代があったことを再認識する昨今であります。

ところが近代は床飾りとしての美しさ、装飾性を中心としたものが殆どで、
どの作家が描いたものかは落款を見ないと判断できないくらい類型化されたものが
馴染みとなっています。

運筆を習得しない時代に在りながら、服部しほりは筆の線による日本画を復権する逸材です。

まるで江戸期か近未来か、渾然としたかの自由な夢想に筆を走らせた一見奇異な画面に宿る
品格は何なのでしょう。
床の間に飾る装飾にちょうど良いという小市民的美術の枠を飛び越える絵画は、
私たちに飾る勇気と日本美術を豊かに育てる気概を試しているのでしょうか。

デビュー以来、世代を超えて戴くご支援に半信半疑から確信へと意を強くしています。
自由で豊かな日本美術の第2幕が上ることを。


【服部しほり 公式サイト 服部宇宙】
 
【服部しほり 公式ブログ】 

 
■会期:
2016年5月17日~5月27日
会期中は無休
10:30〜18:30

■会場:蔵丘洞画廊 
京都市中京区御池通寺町東入ル本能寺文化会館1階
電話 075-255-2232 
10:30~18:30 ¥無料



月刊美術2014年11月号
実業之日本社
2014-10-20


月刊 美術 2013年 03月号 [雑誌]
実業之日本社
2013-02-20


月刊美術2014年8月号
実業之日本社
2014-07-22