西川茂 展『under construction or destruction』
@Gallery OUT of PLACE NARA



西川茂は2009年以降に関西を拠点に画家として発表し始め、
繊細な画法と大胆な構図を持ち味として精力的に発表を続けてきました。
しかし、2013年以降の数年は対外的な活動を極力減らし、
原点に立ち返る中で画家として新しく強固な自己を確立することに
専念していました。2015年後半からは徐々に目を外に向け始め、
この度「under construction or destruction」という新シリーズを携え、
本格的に再始動することになりました。
シリーズ「under construction or destruction」は、街でしばしば
見かける養生シートで覆われた建設中の建造物をモチーフにした
作品群です。
そこには環境や自然に対する作家の深い思いや考察が反映されています。
是非この機に、西川の筆致が描き出す油彩の醍醐味をご鑑賞いただき、
その奥に込められた現代社会へのメッセージを感じ取っていただければと思います。

 
西川茂


これまで私にとっての絵画とは、自己を取り巻く環境と精神との
調和を作り出す為の行為であり、絵の具によって画面に定着された
静謐な世界であった。
しかしこの数年、私の中にある変化が起こり始めているように感じている。
小さな魚の巨大な群れが水中を移動する時、実際には小さな魚の個別の
意志の集合体であるはずが、流動する群れ自体が一つの意志を持っている
かのように動いている。
その絶えず変容していく様態はいつまで見ていても飽きることがない。
描くという行為を筆のタッチの積み重ねであると捉えたとして、
あの巨大な魚の群れが瞬時に変容するようなイメージを私自身が
作り出すことは可能であろうか。
描き方(タッチ)から適したイメージを選び積み重ねることで、
見慣れた対象やありふれた風景が絵の具の塊となり、
どのような画面がそこに立ち上がるのか。
これまで考えていた調和や静謐といった世界が崩れ出し、
新たに変容し形作られる場を描く事ができるのではと、
私は今考えている。(文:西川茂)
 

●会期
2016年5月20日(金)~6月19日(日)

レセプション 5月21日(土)18:00~20:00
※作家が在廊致します。入場無料
※18:30頃より作家によるトーク

●会場
奈良市今辻子町 32-2
Tel・Fax 0742-26-1001
木曜日〜日曜日 12:00〜19:00開廊 
※月火水 休廊