佐藤香菜 個展『透明な境界線』@第一生命ギャラリー


空間や次元の歪み、目には見えない気配や存在、その場所に記録された亡霊たちの姿
画面の中に見えているものは私たちの生きる生き物の世界なのだろうか
あるいはその向こうの目には見えない魂の世界かもしれないし、
あるいは手前にある絵具や糸などの物質そのものかもしれない
画面と向き合う私たちの肉体と画面の中へ入ってゆく意識との間にある
その透明な境界線に私は触れたいと思う

透明な境界線
<ハシバミの木> キャンバス, 油彩, 刺繍
130.3×162.0cm 2015年
 

「VOCA展2014」大原美術館賞受賞者、佐藤香菜の個展を開催します。
動物を主なモチーフとして、繊細さと荒々しさ、緻密な刺繍表現と
生々しく置かれた絵の具の物質性など、様々な表現が重なり合う
有機的な空間を作り上げます。
今回の展示では、336×194cm2組にわたる大作を中心に、画面の中の
物語に迷い込んだかのような世界を表現します。



出品作品(予定)
透明な境界線(左) 336×194cm(P120号3枚組)
透明な境界線(右) 336×194cm(P120号3枚組)
その先の何かに触れる 194×130.3cm (F120)
ハシバミの木 130.3×162.0cm (F100)
夕暮れに笑う 116.7×91.0cm(F50)
花冠 72.7×72.7cm(S20)
額の星 53.0×53.0cm
紡ぐ世界 53.0×53.0cm
柔らかな角Ⅰ 53.0×45.5cm(F10)
柔らかな角Ⅱ 53.0×45.5cm(F10)
額の森 53.0×45.5cm(F10)
空を聞く耳 53.0×45.5cm(F10)
その他小作品数点



佐藤 香菜(SATO KANA)

1982年 愛知県生まれ
2007年 沖縄県立芸術大学 美術工芸学部美術学科絵画専攻卒業

【受賞歴】
2008年 「シェル美術賞展2008」本江邦夫審査員賞
2010年  「トーキョーワンダーウォール公募2010」入選
2013年  「VOCA展2014」大原美術館賞

【パブリックコレクション】
大原美術館
 


●会期
2016年5月27日(金)~6月24日(金) 
12:00〜17:00 
オープニングレセプション 5月27日(金)17:00~19:00


●会場
第一生命ギャラリー
〒100-8411 
東京都千代田区有楽町1-13-1 DNタワー21
電話番号:03-3216-1211
土・日・祝日 休廊