小畑亮平 展@芦屋画廊Kyoto


小畑亮平


存在が、存在する(または消滅する)ということは、如何なるであるのか。

存在が、「存在している」ということは、
あらゆる国家・民族・宗教を超えて共通の事象であるが、
しかしその様態は多様である。

ましてこの世界に存在しているものは、人類がそのすべてではなく、
あらゆる生命・有機物・無機物、はては世界そのものですら、
私たち同様に「存在している」という現象の渦中にある。

そしてすべからくやがては滅することだろう。


1980兵庫県 神戸市出身 大阪在住
2003同志社大学文学部哲学及び倫理学専攻卒業
2015千住博 ザ・スーパー・アートスクール 研究生
個展
2016芦屋画廊 Kyoto(京都)
2015Gallery Amrita(大阪)
2012SoHo art gallery(大阪)
2011芦屋画廊(兵庫)
2009SoHo art gallery(大阪)
主なグループ展
2016"第1回枕崎国際芸術賞展" 枕崎市文化資料センター南溟館/鹿児島
2016-2009 "TRANSNATIONAL ART"
大阪府立江之子島文化芸術創造センター(2016-2013)
大阪府立現代美術センター(2012-2009)
 

●会期
2016年8月11日(木)~8月28日(日)


●会場
芦屋画廊kyoto 
〒606-8354
京都市左京区新間之町通り二条下ル頭町357-8
電話番号 075-754-8556
12:00〜19:00

芦屋画廊kyoto地図