谷原菜摘子 個展『私は暗黒を抱いている』@ギャラリー16


谷原菜摘子


私の制作上の主題は一貫して「人間社会が抱える闇と自分の負の
記憶を融合させ画面上で昇華させること」である。
負の記憶とは他人への憎悪や恐怖のような暗い感情、「暗黒」の
ようなものである。
この「暗黒」は常に私の身体に宿り、片時も離れることがなかった。
この漆黒の暗闇は、制作上の源泉である、と同時に私を苦しめるものとなった。
自分や社会の抱える暗い事象を、私は画面上で美しく華やかなものたちと
融合させ昇華させる。しかしそれらの美しいものたちも根幹は穢れている。
なぜなら私たちが生きる世界自体が既に穢れているから。
この世界には、美しくきらびやかなもの、清らかなものは、かりそめにも
存在している。
しかしながら、それらをつくり出す土壌が最初から穢れているのである。
現世において、何の犠牲も払わずに美しいままで存在することなどできる
はずがない。
このような考えのもとに構築する私の作品は、そのどれもが歪み
アンバランスである。
その歪んだ世界を描いている時、私は身中に宿る「暗黒」に不安を常に抱きながら、
同時に、えも言われぬ安らぎを覚えるのである。


▶アーティスト・トーク:
 12月18日(日)15時〜
 谷原菜摘子によるアーティスト・トークを開催いたします。

 

1989年 埼玉生まれ
2010年 京都市立芸術大学美術科 入学
2014年 京都市立芸術大学 美術科油画専攻 卒業
2016年 京都市立芸術大学大学院絵画専攻油画 修了
    京都市立芸術大学美術研究科博士(後期)課程美術専攻(絵画)入学

● 主な個展
2013年 「偽心中」京都市立芸術大学小ギャラリー
    「NO BOUNDARIES」ギャラリー16(京都)
2015年 「Black is the Colour」ギャラリー16(京都)
2016年 「私は暗黒を抱いている」ギャラリー16(京都)

● 主なグループ展
2010年 「京都市立芸術大学作品展」京都市美術館
2012年 「SEEKER展」京都市立芸術大学大ギャラリー
2014年 「京都市立芸術大学作品展」京都市立芸術大学
    「2014京展」京都市美術館
    「はならぁと」旧たき万旅館(生駒宝山寺参道・奈良)
2015年 「第24回奨学生美術展」佐藤美術館(東京)
    「京展2015」京都市美術館
    「PAINTER SESSION」AIDA gallery(大阪)
2016年 「VOCA展2016 現代美術の展望—新しい平面の作家たち」
     上野の森美術館(東京)
    「京都市立芸術大学作品展」京都市立芸術大学
    「現在戦争画展」TAV GALLERY(東京)

● 主な授賞歴など
2014年 京都市立芸術大学作品展【市長賞】
2014年 2014京展【京展賞】
2014年 公益財団法人佐藤国際文化育英財団 第24期奨学生
2015年 第7回絹谷幸二賞【絹谷幸二賞】
    2015京展【須田賞】【京都市美術館賞】
2016年 VOCA展2016【奨励賞】
    京都市立芸術大学作品展【同窓会賞】

● コレクション
京都市美術館  京都銀行  第一生命保険株式会社
 


■会期:2016年12月13日(火)〜12月25日(日)


京都市東山区三条通白川橋上ル石泉院町394 戸川ビル3F
Tel:075-751-9238
12:00~19:00 ※日曜日、最終日は18:00まで
※休廊日 月曜日