『春を待つ -梅-』@ギャラリー恵風


春を待つ -梅-


梅は古来より春の訪れを告げる花として人々に親しまれ、
画家たちは再生、延命という吉祥の象徴として、また気品
のある艶やかな姿に魅せられて様々な想いを寄せて描いて
きました。
今回、現在日本画家として活動している18名の作家たち
にそれぞれの梅をモチーフに制作をお願いしました。普段
の発表の場、年齢も様々ですが、今を生きる現代の作家た
ちがどのような梅を見せてくれるでしょうか。ぜひご高覧
賜り、一足早い春をお楽しみいただけましたら幸いです。 
                (野村)
 
 
【出展者】

猪熊佳子    大西健太    奥村美佳
片山侑胤    北川安希子    久野隆史
佐々木真士    高野純子    田口涼一
直海かおり    野上徹    長谷川雅也
服部しほり    藤原裕之    森桃子
山本俊夫    山本真澄    吉岡佐知



●会期
2017年2月7日(火)~2月12日(日)
 
●会場
京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側
TEL:075-771-1011
12:00~19:00(最終日18:00まで)
月曜日休廊 ¥無料