押海裕美 個展『Honey trip』@サブリエ・ド・ヴェリエ


Honey trip


『大きな森の小さな家』という西部開拓時代の書物の中で
「砂糖雪」というのが出てきます。
春先、一度、暖かくなった後、
また気温が下がった日の雪のことで、そんな時期に降ると
木の芽が出るのが遅れるので、
樹液もたくさん溜まって甘くなるから、そう呼ぶらしい。
小さい女の子だったローラが、こっそり舐めて見たら
味がしなかった、という微笑ましい逸話がありました。


期間中の土日、在廊予定

押海裕美(おしうみゆみ)   
Yumi Oshiumi
 
東京都在住。画塾「nohla」専科コース卒。
現在は、絵本の自主制作•個展開催などの活動中。

◯個展
 
2010年 「真夏の白昼夢」(香里園アートギャラリー「じゆ」)
       「くつ屋の小びと」(香里園アートギャリー「じゆ」)
2011年   「きんぎょと遊んだ猫」(香里園アートギャリー「じゆ」) 
    「古くなった本からパンのにおいがする」(天下茶屋の元自宅) 
2013年 「あめふりの日」(ギャラリー「アトレオ」)
     「こうもりたちのカフェ」(ギャラリー「アトレオ」)
2014年 「砂が目に入らないように睫毛が長い人たち」
    (日暮里「サブリエ・ド・ヴェリエ)
     「夜がカーテンの隙間から」
      (向島「ikkA」)
2015年 「その刹那」(原宿 絵本の読める喫茶店「SEE MORE GLASS」)
        「どんぶらこ」(原宿 絵本の読める喫茶店「SEE MORE GLASS」)
      「デート」(原宿 絵本の読める喫茶店「SEE MORE GLASS」)
2015年 「きんののみもの」(御茶の水 IL BAR PRONT)
2016年 「紅い靴」「あじさい病」(歌舞伎町のバー)
2016年   「現〜うつつ〜」(原宿 絵本の読める喫茶店「SEE MORE GLASS」)



●会期
2017年2月19日(日)~3月5日(日)
11:00~19:00(最終日は18:00まで)
 

●会場
サブリエ・ド・ヴェリエ
〒110-0001 東京都台東区谷中三丁目9-18 
Tel. 03-5842-1400
不定休 

東京メトロ千代田線「千駄木駅」2番出口 徒歩4分
JR「日暮里駅」北改札西口 徒歩5分