『没後35年 文承根 藤野登 倉貫徹』@ozasa_kyoto



文承根 藤野登 倉貫徹



『没後35年 文承根 藤野登 倉貫徹 』

同年代(1947~8年)の二人は、共に吉原治良を主柱とした
具体美術協会の新人展などに出展していく中で親睦を深め、
その後も親しい間柄として互いに影響しあいながら
各々独自の作風を築き上げて行きました。

生まれつき内臓疾患を患っていた文承根は1982年4月13日に34歳
という若さで亡くなり、
今も尚、様々な美術関係者や愛好家達に惜しまれる作家として
人々の記憶の中に存在しています。

今年は文承根の享年から35年を迎え、また京都国立近代美術館で
2007年に開催された『文承根+八木正 1973–83の仕事』から
ちょうど10年目に当たります。

今回の展覧会では文承根、倉貫徹共に60年~70年代の作品を中心に、
この節目の年に新たに発見された藤野登のソフトスカルプチャーを
展示されます。


“畏友・文承根が34歳で死去した1982年4月13日から、
文が生きた34年を超えた35年目、

あの日、あの時、今の過去、過去の今がよみがえる。” 
            倉貫徹


●会期
2017年4月13日(木)~4月29日(日)
11:00~18:00


●会場
京都市上京区堀川通り今出川南  西陣織会館  西館207(西陣産業会館)
営業時間 :12:00~19:00
日・月  休廊
TEL: 075-417-4041