安藤榮作 展『REY−光の河・光の滝』@SENSART_Gallery


安藤榮作 展



光の河・光の滝の河や滝は、揺らぎながらそこに存在する
僕ら自身のことかもしれない。
光は、その中を発光しながら流れている
生命や精神のエネルギーのことかもしれない。


安藤榮作 Eisaku Ando (彫刻家)
1961年 東京下町生まれ。1986年 東京芸術大学彫刻科を卒業。
1990年 本来の空気と水を体に取り込むために、いわき市の
山中に移住し彫刻制作とサーフィンに没頭する。
2006年 同市の海沿いに引越す。2011年 東日本大震災にて被災。
自宅、アトリエ、数百点の作品、愛犬を津波で失い、原発事故を
機に奈良県へ避難移住。
原木や廃材を手斧一本で彫り込み、具象抽象にとらわれず、
ダイナミックな生命エネルギーを形にしている。
個展・グループ展・パフォーマンス・作品設置など多数。
エッセイ集や絵本なども出版。
● 今年、第28回 平櫛田中賞を受賞。

 
●会期
2017年11月18日(土)〜11月26日(日)  会期中無休
11:00〜17:00
 
作家在廊予定日 11/18(土)・19(日)・23(祝)
 

●会場
三重県名張市百合が丘東9番町290
Tel : 0595-62-3271(代表)

電車の場合 三重県名張市百合が丘東9番町290 近鉄大阪線名張駅下車、東口からタクシー
又は、三重交通バス百合が丘小学校前下車 (百合が丘小学校・横) 坂を下り徒歩1分
車の場合  企画展は 090-4251-8048(木村) 大阪方面からは、名阪国道針インターより
R165経由で約30分
名古屋方面からは、名阪国道上野インターより、R368、R165経由で約30分