交わるいと 「あいだ」をひらく術として@広島市現代美術館


交わるいと 「あいだ」をひらく術として


 織物の大半は空気でできています。
織物の質量のうち繊維が占める割合は通常20〜50%に過ぎず、
繊維を撚って糸を紡ぐにも、糸と糸を交わらせて布を織るにも、
そこには必ずすき間ができます。
そのすき間、空間があるからこそ、布は薄く軽やかで、
伸び縮みして丈夫で、あたたかくあることができるのです。
糸と糸がどのように交わって、どのような形のすき間をつくる
のかによって、布の布たる所以が生まれ、その性質や表情も
できあがっていきます。
この展覧会では、糸や布、繊維を素材に制作を続ける15人と
1組の作り手たちによる営みを紹介します。
伝統工芸から現代美術、デザインまでジャンルはさまざま。
それらを貫く導きの糸としたいのが、精神病理学者の第一人者
であり臨床哲学の先駆者でもある木村敏の次のような言葉です。
「自己とは、自己と他者とのあいだ ―現在の事物的世界との
あいだだけでなく、当面の他者とのあいだ、所属集団とのあいだ、
過去や未来の世界とのあいだなども含む― の、そしてなによりも
自己と自己とのあいだの関係そのもののことである」
(『関係としての自己』みすず書房、2005年)。
つまり糸や布と向き合うことで、自己そして人の生のあり方を
ふかく見つめてみようというわけです。
タイトルの「いと」は素材としての「糸」を意味すると同時に、
作り手たちの「意図」でもあります。
糸が交わって布が生まれるように、作家たちの意図が交わって
この展覧会ができていきます。さらにみなさんが会場を訪れ
(あるいは会場を出て、まちを散策し)、思い思いに交わりながら
「あいだ」の関係を幾重にも紡いでみてください。

出品作家(50音順、敬称略)

上原美智子、上前智祐、呉夏枝、加賀城健、北村武資、熊井恭子、
鈴田滋人、須藤玲子、関島寿子、髙木秋子、ヌイ・プロジェクト、
平野薫、福本繁樹、福本潮子、堀内紀子、宮田彩加


●会期
2017年12月22日(金)~2018年3月4日(日)
開館時間 10:00~17:00  ※入場は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし1月8日、2月12日は開館)、1月9日(火)、2月13日(火)
年末年始 12月27日(水)~1月1日(月)
観覧料 一般1,030円、大学生720円、
高校生・65歳以上510円、中学生以下無料

●会場
広島市現代美術館
732-0815 
広島県広島市南区比治山公園1-1
Tel 082-264-1121