山口菜摘・倉崎稜希・竹馬紀美子『A SIGN OF EMOTION』
@マサタカコンテンポラリー



一年振りにギャラリースペースでの企画展を再開します。
第一弾となるのが、女性をモチーフに、感情や想い、不安や危うさ、
そして人生の儚さなども表現している三人の作家さんでの
グループ展となります。


山口菜摘・倉崎稜希・竹馬紀美子  A SIGN OF EMOTION

 
 
1980年生まれ
2003年多摩美術大学絵画学科版画専攻卒業
 
幼少の頃から全国にわたり住居を転々とし、水彩画、漫画などを
描くことをライフワークとする。
大学在学中に版画技法全般を学び、リトグラフを専攻する。
独自の世界観と技法の追求に没頭。
2004年、埼玉県の共同アトリエ「アトリエ八潮」のメンバーとして、
そこを拠点に3名の画家と創作活動。版画から学んだ色彩、技法、
素材を生かした絵画を研究。2008年にアトリエを自宅へ移し、
「大都会と人間」をテーマに、絵画(ミクストメディア)を制作中。
特に近年は「大都会に生きる女性」をテーマに制作中。
 
 
 
1995年生まれ福岡県福岡市在住
 
花と人物の異なる存在を、溶け合い混じり合っているように表現を
することで、花と人物のメタファーの関係性を描き出します。

 
 
1976年生まれ福岡市南区在住
九州産業大学大学院芸術研究科博士後期課程造形表現専攻修了
 
私の作品を追求すると現在の形にたどり着いた。余白や盛り上げた部分を
含めジェッソで10層以上塗り重ね、サンドペーパーで磨き上げ下地を作り、
油彩で女性を描く。
若い世代特有の将来に対する希望や輝き、不安や危うさ、人生の儚さ等を余白で表現。
西洋や我が国の絵画において女性像が描かれ続けているのは魅力的なモチーフである証。
これからも女性を描く事によりこの一瞬を伝えて行きたい。
 

●会期
2017年2月10日(土)~3月3日(土)
 12:00~19:00
入場料:無料

オープニング・レセプション 2月10日(土)17:00~19:00


●会場
MASATAKA CONTEMPORARY(マサタカコンテンポラリー)
東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F 
Tel 03-3275-1019 Fax 03-3273-9309
火〜土
日・月・祝日 休廊, 入場無料