庭園の眺め 高橋力雄の木版画@和歌山県立近代美術館


高橋力雄 Garden
       高橋力雄《Garden (Seasonal)》1977年 和歌山県立近代美術館蔵


  1955(昭和 30)年から 1990 年代までの作品約 60 点により、
版画家・高橋力雄(たかはしりきお 1917〜1998)の歩みをたどります。
第二次世界大戦後、疎開先の長野県須坂から東京に戻り、
1949(昭和24)年に恩地孝四郎を初めて訪ねた日は、月に一度、
第1木曜日に 版画家たちが恩地宅に集う「一木会」の解散の日でした。
しかしその後も高橋は恩地孝四郎を師と決め、大きな影響 を受けながら
木版画による独自の抽象的な表現を探求し続 けました。
戦後の荒廃した時代に京都や古社寺の庭園を巡り、日本 の美感を
求めるようになった作品は自身を取り返すための 営みであったようです。
そしてそれらはアメリカで高い評 価を受けるようになります。
中間的な色彩と柔らかい筆の動きを木版であらわした作 品群は、
高橋力雄の平穏を求める心の風景でもあったので はないでしょうか。


●会期
2018年4月28日(土)~7月8日(日)
9:30~17:00(入場は16:30 まで)
月曜日休館 (ただし4月30日(月)は開館し5月1日(火)休館)
観覧料  一般 340(270)円、大学生 230(180)円 ( )内は 20 名以上の団体料金
*高校生以下、65 歳以上、障害者、県内に在学中の外国人留学生は無料
*毎月第4土曜日(4月28日、5月26日、6月23日)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料


【関連事業】

● 担当学芸員による解説会
5月3日(木・祝)、6月9日(土)、7月1日(日)いずれも 14時から15時、
展示室にて (※申込不要、要観覧券)
● こども美術館部「絵にとびこむぞ!」(隔月開催の小学生対象鑑賞会)
6月16日(土)11時から(※開始時間までに受付にて要参加登録、
参加無料・同伴される保護者は要観覧券)

●会場
和歌山県立近代美術館
和歌山市吹上1-4-14 
TEL:073-436-8690