アート・デザイン用語辞典【ル〜】


ルネサンス
ルネサンスとは、15〜16世紀のヨーロッパの美術史上の様式と時期区分。とくにイタリア美術史上でいう。「ルネサンス」という言葉は、もともと、ヴァザーリが著書『美術家列伝』(1550年初版)の中で初めて用いた美術の“復活”=イタリア語でリナシータに由来し、それが1840年頃にルネサンスとフランス語に訳され用いられている。ヴァザーリは、およそ13世紀後半以降のイタリアの美術家の中にローマ帝国とともに没落していた美術の復活を認め、時代区分としてルネサンスとしたが、これは同時に古代との間に中世の概念を設定したものであった。今日通説の画期としては、フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂円蓋起工の1420年より1500年までを初期、1500年〜1520−30年を盛期としている。初期にはフィレンツェ、盛期にはローマが中心となっている。自然と古代とを柱とする人文主義的造形活動を特色とし、美術理論が追求され、また美術作品の世俗化も行われ、メディチ家などの地方君主による美術の流派が形成された時代である。


ルーレット
ルーレットとは、銅版画を制作するとき、版面に点刻する鋼鉄の歯車。回転する歯車は星形・円筒状(太鼓状)のものがあり、細目、中目、荒目の種類がある。円筒状のものは、表面に突出させてある。柄の部分は、金属または木を使用している。歯車を押しつけて転がし、版画に網上の小突起を付けるものである。