今林明子・坂上アキ子・藤田典子 展『モノクロームのイコノロジー』
@ワイアートギャラリー
 


モノクロームのイコノロジー



現代の文化や世界観などの意味をそれぞれが、単色または白黒で
表現する作品により解明しようとしている。
制作技法の独自性のみならず、鮮やかな美を放つ独自な30点余の
作品を展示する。


写真と油彩画、異なる表現手法を
交互に重ねて作品を重層化し
絵画のリアリティとその可能性を探求
(DMビジュアル作品:「煙霧」油彩、パネル、綿布、白亜地、銀箔、洋箔) 

2008年 福岡教育大学教育学部生涯スポーツ・芸術課程美術専攻卒業
2010年 佐賀大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修修了
2016年 文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年渡欧(ポーランド・クラクフ)
クラクフ美術アカデミー研究生
(個展) 2009〜2013年 福岡にて開催
(グループ展・公募展) 2007〜2017年 日本国内、韓国等各展に参加
(受賞) 2010年 第64回二紀展 二紀賞 (‘12 損保ジャパン美術財団賞 、’14 宮永賞) 
福岡県在住

【作家在廊日】6/29(金)・30(土)・7/1(日)


坂上アキ子(さかがみあきこ)

鉛筆画の精緻な描写で
豊かな物語の女性像を描く
モノクロームの美
(DMビジュアル作品:「Marrguerite」鉛筆、水彩画紙) 

個展
2008、2010、2012、2015、2016年新潟
2016、2017/4、2017/11 東京 2018/3 京都 にて開催
グループ展
2017年「魅せられた女性美展」 ワイアートギャラリー他、
2005年頃より新潟、東京、大阪等多数  
新潟県在住


藤田典子(ふじたのりこ)

銅版画の緻密な点描や刻線で
不確かで曖昧な
現実世界の虚無感を直視
(DMビジュアル作品:「cage」エッチング) 

2011年 愛知県立芸術大学 美術学部美術科 油画専攻 卒業
2016年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士課程修士 油画・版画領域修了
(賞歴) 2011〜2012年日本版画協会第79・第80回版画展
《賞候補》 第35・第36回全国大学版画展《買上賞》
2012年 クラコウ国際版画トリエンナーレ《入選》
愛知県在住

藤田典子さん インタビュー


●会期
会期:2018年6月26日(火)〜7月8日(日)
時間:11:00〜19:00(日曜日〜17:00)


●会場
大阪市北区堂山町15-17 アクトスリービル1階
月曜日 休廊
Tel 06-6311-5380