セイアンアーツアテンション 11『playing BODY player』
@成安造形大学【キャンパスが美術館】




セイアンアーツアテンション 11 playing BODY player


毎年、春と秋に開催する「セイアンアーツアテンション」は、
成安造形大学が運営する「キャンパスが美術館」のメイン企画として、
全てのギャラリーや学内各所を舞台に開催する総合芸術祭です。

今年で11回目を迎える今秋は、成安造形大学同窓会が主催となり展覧会
「playing BODY player」を開催する運びとなりました。

セイアンアーツアテンション11では出品作家はもちろん、
企画からデザインに至るまで本学卒業生が関わったものとなっています。
展示を行う作家には本学を卒業し、その後も作家として活躍する5名をお招きしています!
 

出品作家
アキラボーイ(メディアアート・お笑い)
菊池和晃(現代美術・パフォーマンス)
桑野聖子(コンテンポラリーダンス)
瀧 弘子(現代美術・パフォーマンス)
マツムラアヤコ(テキスタイル)


また、「身体表現」がテーマとなる今回のセイアンアーツアテンションでは、
作家自身によるパフォーマンスが中心となった展示となります。


●会期
2018年10月26日(金)〜11月17日(土)
11:00~17:00

日・月曜日 + 11月7日(水)休館

入場無料


★オープニングパーティー 

日 時|2018年10月27日[土]17:00〜
会 場|ギャラリーアートサイト前エントランス(成安造形大学内)
参加費|無料


●会場
成安造形大学【キャンパスが美術館】
〒520-0248
滋賀県大津市仰木の里東4-3-1
Tel.077-574-2111(代表)