鍵岡アンヌ 個展『A Moment of Immersion』@SAKURADO FINE ARTS


Reflection c-11
      'Reflection c-11', 2018, oil and mixed media, 30x30cm


1978年神奈川県生まれ。
東京芸術大学絵画科油彩専攻を卒業後、同大学大学院にて壁画を研究。
その後フランスに渡り、フランス国立高等工芸美術学校にてフレスコ・モザイクを学ぶ。
現在は鎌倉にアトリエを構える。グラフィートという古典的な壁画技法に布の
コラージュを加えた独自のペインティング法を用いて立体感のある絵画を制作している。
日常生活の中にある抽象的な風景に関心がある鍵岡は、世界各地で取材した水面の
反射をもとに、彫刻的な造形性をもつ「Reflection」シリーズを2014年から描いている。
主な個展に「Reflection: 2015-16」Sakurado Fine Arts(東京、2016年)、
「Anne Kagioka Rigoulet」Sakurado Fine Arts(パリ、2014年)などがある他、
フランス、日本、ラトビアなどでのグループ展や壁画プロジェクトに参加。 



●会期
2018年11月2日(金)~12月22日(木)
11:30~19:00

★オープニングレセプション : 11/2(金) 17:00~19:00 


●会場
SAKURADO FINE ARTS
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-11
Tel: 03-6434-7705