井上有一 展『凍墨名品を中心に』@蔵丘洞画廊


凍墨名品を中心に 井上有一展


どれほど優れた芸術的試みも繰り返すことにより惰性を生み、自己模倣と なることを嫌い、
有一は次々と新しい取り組みを自身に課しました。
なかでも1960年から数年に亘り生み出された凍墨技法は、
マチエールを 意識させるもので、結果として絵画的で
立体感ある豊かな造形を感じさせる ものとして、
有一生涯の流転する仕事の中で最も魅力ある美術作品群と申せ ましょう。
今年は希少なこの時期の作品を中心に展観します。

蔵丘洞主人

 
 
■会期
2018年2月1日(金)~2月23日(土)
会期中無休
10:30〜18:30
 

■会場
蔵丘洞画廊 
京都市中京区御池通寺町東入ル本能寺文化会館1階
電話 075-255-2232 
10:30~18:30 ¥無料