堀としかず 個展『イラストと絵画の狭間』@大丸心斎橋店美術画廊

堀としかず イラストと絵画の狭間


学生時代イラストレーションを学び卒業後、和紙と墨に出会い絵画と
イラストの2つの作風を書くようになりました。
絵画にはイラスト的要素をイラストには和的要素を意識しながら
モチーフを自分の世界観に落とし込み表現しています。
また、あらゆるところに命や神が宿っているなどの日本古来の
考え方からもイメージを膨らませて表現しています。
イラストと絵画2つの世界を楽しんでいただけたら嬉しいです。



1991年愛媛県生
大阪在住

主に墨と和紙を使用し、和を感じさせるモチーフで自分の世界観を表現。
作品の中に数多く描かれているキャラクターのような生き物は”あらゆる
ものには命が宿っている”という日本古来の思想から発想を得ている。
妖精や付喪神とも言え、決して悪い生き物ではなく”純粋”であることを
言っておきたい。
それら生き物の暮らしぶりを想像しながら、幻想的な和の雰囲気を楽しんで
いただきたい。
 
受賞歴
2009年愛媛県立河原学園主催デザイングランプリ奨励賞
2009年香川ビエンナーレイラスト部門奨励賞
2010年愛媛県立松山南高校デザイン科卒業制作展優秀賞
2012年京都嵯峨芸術大学卒業制作展卒業生特別賞
2012年読書週間イラストコンペ入選
2013年あかマルシェあしたの箱賞
2013年アートストリーム大丸賞&ハートス賞
 
個展歴
2011年ART HOUSE「細密心夢」
2012年ART HOUSE「ミニュエマ」
2013年カワチ画材心斎橋店作品展示
2013年glogg「ひつが展」
2013年SOZ「omooko」
2014年ART HOUSE「倭wa和」
 

●会期
2019年5月8日(水)~5月14日(火)

入場無料 

●会場
大丸心斎橋店 北館12階 美術画廊
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1