KUNST ARZTで開催中の、林葵衣 個展『詩の復唱』に行ってきました。
林さんといえば、道具ではなく唇を使い”唇拓”という形で、
声を出しながら唇をキャンバスにあてながら、口紅の痕跡を残すという作品です。

62479311_2272103252868486_8837373310099521536_n

 
日本語には英語の”L”や”th”は無いため舌は影響せず、
日本人なら唇の動きがイメージできます。

62607825_2272103176201827_4060342677252603904_n

 
今回はキャンバスや糸だけでなく、壁面の直に唇拓を施した平仮名50音網羅和歌
「いろは歌」などもあります。

62311095_2272103306201814_7047461280222806016_n


 
●会期
2019年5月25日(土)〜6月2日(日)
12:00〜18:00 (最終日17:00まで)
 
 
●会場
京都市東山区夷町155-7 2階 
電話 090-9697-3786
12:00~19:00(最終日17:00まで) 
月曜日休廊 ¥無料