原崇浩 展『凝視の先に在るもの』@蔵丘洞画廊【PRESS】


原崇浩 Callao
         「Callao」 89.4×130.3cm


お会いしたのは、若き日にリアリズム絵画の本拠地スペインへ留学された頃。
当時は色数少ないモノクロームな印象の作品が多く、その後の変遷で色彩を
得てこられた。 あれから20年、このたびの個展では、色彩が尚一層印象的で
独特の空気を 満たしている。もとより氏の人物画には定評があり、
そのイメージが出来つ、 あったが、此処に見事に風景、そして静物も成果とされた 。
名作とは風景を 静物の様に、静物を風景画の様に描かれたものと云う先人の言葉を思い出す。
(蔵丘洞主人敬白)


 
1971年 広島県福山市生まれ
1994年 金沢美術工芸大学卒業(卒業制作金沢市買上)
1995年 国展(以後毎年・'98、'02新人賞受賞)
1996年 金沢美術工芸大学大学院修了(修了制作大学買上)
1997年 青木繁記念大賞公募展 大賞受賞
1998年 マドリッド国立大学 美術学部 在籍(~'99 7月)
2000年 俊英作家選抜展(石川県立美術館)
2001年 NICAF 国際コンテンポラリーアートフェスティバル個展
    個展(蔵丘洞画廊.'03.'05.'07.'08.'11.'13)
2004年 国画賞受賞 準会員推挙
    マドリッド国立大学 美術学部 再留学
2005年 アントニオ・ロペスによる夏期講座に選抜される
2006年 国展準会員優作賞受賞
2007年 作品集(1995-2007)刊行される
     個展(銀座スルガ台画廊・美術サロンゆたか など)・グループ展
2010年 アートフェア東京2010(東京国際フォーラム.'11)
2011年 個展・巡回展(日本橋高島屋・ジェイアール名古屋タカシマヤ)
2012年 個展(しいのき迎賓館/金沢)
2013年 個展(蔵丘洞画廊/京都)
    個展・巡回展(アルカディア/ニューヨーク)
2014年 個展・巡回展(フジヰ画廊/東京・蔵丘洞画廊/京都)

 
■会期
2019年7月6日(土)~7月20日(土)
日曜休廊
10:30〜18:30
 

■会場
蔵丘洞画廊 
京都市中京区御池通寺町東入ル本能寺文化会館1階
電話 075-255-2232 
10:30~18:30 ¥無料