吉浦眞琴 個展『砂漠の洪水』@芝田町画廊


砂漠の洪水 吉浦眞琴


壁面や門に施されたレリーフをモチーフに銅版画の
エッチング技法を用いて表現を行なっている。
レリーフは平面でもあり立体でもある中間的な要素を持つものである。
レリーフが彫られる支持体の構造によって遠近法とは異なった奥行きが生まれる。
その平面と立体が混在する状態を1つの画面に閉じ込め作品にしていく。


●会期
2019年9月19日(木)~9月24日(火)
11:00~19:00(最終日は17:00まで)


●会場
大阪市北区芝田2-9-19 イノイ第2ビル1階
電話 06-6372-0007 
11:00~19:00(最終日は17:00まで) 






銅版画のテクニック
深沢 幸雄
ダヴィッド社
1989-05