窪田謙二・伊藤惠 拭き漆・根来塗『心が踊る日常の漆』
@あべのハルカス近鉄本店アートギャラリー



窪田 謙二 伊藤 惠


窪田謙二氏の拭き漆は、楓、栃、桜など主に日本の木を使用し、
漆を塗り拭き取ると言う作業 を、5~6回繰り返しています。
また、家具の組み立てには釘を一切使用していません。
光が当 たる事により家具の透明度が増し、年月を経てうっとりするような
美しい木目が現れてきます。
伊藤 恵氏の根来塗は、和歌山県岩出市 根来寺由来の漆器です。
欅(ケヤキ)をくり貫いて木の 道管を漆で埋め、黒の漆、次に朱の漆を何度か塗り重ねています。
非常に丈夫で軽い普段使い の生活漆器で、毎日お使いいただく事により、
さらに美しい艶、鮮やかな朱い色が際立ってきます。
箸、カップ、スプーンなどを添えるだけでも、華やかな食卓になります。
共に、制作に時間と手間暇がかかる拭き漆の家具、根来塗の漆器ですが、
毎日の生活でお使い 頂く事により、さらに美しくなっていきます。
 

●会期
2019年11月6日(水)~11月12日(火)
10:00〜20:00 ※最終日は17:00まで
会期中無休


●会場
あべのハルカス近鉄本店 タワー館11階 アートギャラリー
10:00〜20:00 ※最終日は17:00まで