谷川美音 個展『彼は月を撫でてみる』@FINCH ARTS


Screen Shot 2020-02-07 at 17.17.26


ドローイングの流麗なながれを固定したかのような漆作品を制作する。
その制作工程には漆芸特有の塗って研ぐという何層にも重ねられた時間があり、
それは線の見せる瞬間の刹那の美しさにも確かに織り込まれているようです。


谷川美音(たにがわみね)
1988年 京都府生まれ。
2013年 京都市立芸術大学 大学院美術研究科修士課程 漆工 修了。
作家自身が描くドローイングをモチーフに、刹那的な時間と漆が持つ長い時間を
作品の中に同居させ、動的でありながら静的でもある作品を制作する。
成田国際空港 JALファーストクラスラウンジ(’19)、ザ・リッツ・カールトン・
南京(’19)などにも作品が納められている。 


●会期
2020年2月14日(金)~3月1日(日)
13:00~19:00
会期中の金、土、日開廊


●会場
FINCH ARTS(フィンチアーツ)
〒606-8412
京都府京都市左京区浄土寺馬場町76