原田要 展@ギャラリー勇斎

原田要2020

『絵画の庭-横臥花)』について
私は長らく、「絵画の庭」というタイトルで、木材に色彩を施した立体作品を制作してきました。
立体作品でありながら、絵画作品である、として作り続けています。
その絵画とは、既成のタブロー表面を離れ、色彩=色材が華麗に繰り広げられるに足る表面を
如何に形作るかというものです。
その姿を求めるうちに、木を彫り進み、その表面に色彩を繰り広げることで、自分なりの絵画の
姿を求めて続けています。
今回メインとなる「絵画の庭―横臥花(オウガカ)」は、横向きに花が広がったような形態をしており、長さは約2.6メートルです。中は空洞であり、内側全面が彩られています。
逆に外側は白色に塗られていますが、これは色彩面が絵画を担い、白色の側がその裏側であると
考えています。
奥底から絵画が噴出してくるような印象になればと考えています。
これまでも大きな作品を作り続けてきましたが、今回のように横向きの大作は初めてです。
ほぼ1年間をかけて完成した作品ですので、ぜひ多くの方にご覧いただきたいところですが、
コロナウイルスでの外出自粛の影響で、あまりお越しいただけないかもしれないのが誠に残念です。
一日も早い終息を願うばかりです。


原田要(はらだかなめ) 
1961.4 大阪に生まれる
1988.3 大阪教育大学大学院修了
個展
1984. 5 靱ギャラリー ・大阪
1985. 8 ギャラリーノースフォート・大阪
1986. 2 信濃橋画廊エプロン・大阪
8 ギャラリーすずき・京都
9 不二画廊・大阪
1990. 4 信濃橋画廊5・大阪
1992. 7 ギャラリー白・大阪
1994. 3 ギャラリーすずき・京都
1995. 1 信濃橋画廊・大阪
1996. 6 信濃橋画廊5・大阪
1997. 1 ストリートギャラリー・神戸
5 ローズガーデン・神戸
11 ギャラリー ラ・フェニーチェ・大阪
1998.4 ギャラリーココ・京都
11 ギャラリーAD&A・大阪
1999. 9 信濃橋画廊エプロン・大阪
2000. 1 折衷庵月吠・奈良
3 ギャラリー ココ・京都
12 ギャラリー デン・大阪
2002.4 ギャラリー ココ・京都
5 ギャラリー アートポイント・東京
2003.2 アートスペース上三条・奈良
5 信濃橋画廊エプロン・大阪
2004.3 ギャラリー アートポイント・東京
7 ギャラリー ラ・フェニーチェ・大阪
9 オールド コース・大阪
2006.7 信濃橋画廊・大阪
2008.4 信濃橋画廊5.5’・大阪
2009.4 信濃橋画廊5・大阪
2010.4 信濃橋画廊・大阪
2011.2 ギャラリー勇斎・奈良
2012.1 ギャラリー編&かのこ・大阪
7 スタジオ・ナイーヴ・青森
10 あしやシューレ・兵庫 
2013.10起源を歩く|Jomonと原田要の庭 京都造形芸術大学・京都
2014.5 ギャラリー勇斉・奈良
2015.1 ギャラリー編&かのこ・大阪
  .9 ギャラリー猫亀屋・大阪 
2016.5 卍字楼・京都
.10 2kwギャラリー・大阪
2017.6 ギャラリー勇斉・奈良
  .11 MU東心斎橋画廊・大阪
2018.12 2kwギャラリー・滋賀

グループ展、その他
1982.11 夙川架空通信テント展 夙川公園・西宮
1983. 3 京都アンデパンダン展 京都市美術館・京都
3 第2回吉原治良賞コンクール 大阪府立現代美術センター・大阪
5 PLAY POWER展 大阪教育大、大阪芸大交流展
1984. 3 京都アンデパンダン展 京都市美術館・京都
8 イエスアート3 ギャラリー白・大阪 
12 それぞれの絵画展 大阪府立現代美術センター・大阪
1985. 3 アートナウ '85 兵庫県立近代美術館・神戸
3 京都アンデパンダン展 京都市美術館・京都
10 夙川架空通信テント展 夙川公園・西宮
10 インパクトアートフェスティバル '85 京都市美術館・京都
1986.11 アートフロント Vol.2 パルコスタジオ・大阪
1987. 1 ヌーベルバーグ in つかしん PART2 西武百貨店つかしん店・尼崎
3 トランスアートシーン2 ギャラリー16・京都 
4 三つの配架 ギャラリー ラ・ポーラ・大阪
12 10 POINTS 信濃橋画廊・大阪
1988. 2 3人展 ギャラリー ラ・ポーラ・大阪
1989. 4 誘惑するタブロー ギャラリー白・大阪
1991. 4 湾曲する平面考 ギャラリー白・大阪
1993. 7 国際掌中新立体造形公募展入選 名古屋市中小企業振興会館・名古屋
1994. 2 同時代の作家達 ギャラリー白・大阪
8 丹南アートフェスティバル入選 福井県武生市
12 美術のベクトルと教育展 大阪教育大学・大阪
1995. 4 天理ビエンナーレ '95入選 大阪市立美術館・大阪
8 タワーアート イン 通天閣 新世界 通天閣 展示ホール・大阪
1996. 1 氷点下のポリフォニー ギャラリー ラ・フェニーチェ・大阪
1997.10 月吠の現代美術展VOL.14 月吠・奈良 (~2007まで毎回出品) 
1998. 11 大阪トリエンナーレ1998-彫刻 マイドームおおさか・大阪
2000.8 ワークショップ「絵画の庭・蓮池をつくる」 宇都宮美術館・栃木
2001.1 第11回 吉原治良美術賞コンクール展 大阪府立現代美術センター・大阪
4 ペインタリネス Ⅴ ギャラリー白・大阪
7 「ヴァイブレーション――結び合う知覚」展 宇都宮美術館・栃木
2003.7 「京都・洋画の現在」展 京都文化博物館・京都
9 「たがやすように-熟す画面の4つのかたち」展 和歌山県立近代美術館
11 「絵画を見る3」 ギャラリー白3・大阪
12 「Diary-冬の小品展」 ギャラリー ラ・フェニーチェ ・大阪
2004.2 「沼地-水面と大気のあいだに 菊池孝×原田要展」信濃橋画廊・大阪
3 「花鳥風月の遺伝子」  ギャラリー ラ・フェニーチェ ・大阪
9 「月吠の現代美術展 10周年記念2004」  奈良市美術館、折衷庵月吠・奈良
2005.2 「透明なる意思 菊池孝×原田要展」信濃橋画廊・大阪
3 「イメージから表面へ 中西學 林宰久 原田要 彫刻展」茨木市立ギャラリー・大阪
11 「ユートピアを探しに」新潟県立万代島美術館・新潟
2007 「前衛の関西」 和歌山県立近代美術館・和歌山市
7 「原田要・山中嘉一 2人展-デジャ・ヴ ジャメ・ヴ-」信濃橋画廊・大阪
2008 「International Sculpture in Aglie 2008 」トリノ・イタリア
9 「無作為の作為」ギャラリー白・大阪
2009 「飛鳥から奈良へ-奈良国際彫刻展」岡本寺・奈良
2011 「奈良・町家の芸術祭HANARART」展 郡山市旧川本邸、JR畝傍駅・奈良
2012.2 「みずぎわのぐるり」展 2kwギャラリー・大阪
2014  「まちなみアートフェスティバル丹波篠山」展 篠山市河原町商家群・兵庫
2016.5 「ギャラリズム2016in中津k」ピアズギャラリー・大阪
.7 「自然と美術の標本展」横須賀美術館・神奈川
2017.10 「水辺で会いましょう」ラッズギャラリー・大阪
  .11 「学園前アートフェスタ2017‐メメント・森‐」大和文華館文華ホール・奈良
2018.3 「大宇宙展」おおやアート村BIG LABO・兵庫
  .7 「大地の芸術祭越後妻有トリエンナーレ」キョロロ・新潟
2019.3 「絵画展・・・なのか?」川口市立アートギャラリー・アトリア
  .5 「絵画の庭に咲く花は? 原田要×菊池仙陽展」Café&Gallery ペーパームーン・青森

パブリック・コレクション  和歌山県立近代美術館 兵庫県立美術館


●会期
2020年5月26日(火)~2020年6月7日 (日)
11:00〜18:00(最終日16:00まで)


●会場 
ギャラリー勇斎
〒630-8372 奈良県奈良市西寺林町22
Tel. 0742-31-1674