『絵画のミカタ』@群馬県立近代美術館


絵画のミカタ
鬼頭健吾《cartwheel galaxy》
2019年 [撮影:木暮伸也 写真提供:rin art association]


私たちの周りには絵があふれていますが、何が描かれているのか、
なぜそういう描き方なのか、わからないと感じることも多いのではないでしょうか。
この展覧会では、長い歴史を持つ絵画の新しい可能性を切り開いている5人の作家と
いっしょに、絵の見方を探ります。5人には、当館収蔵作品の中から好きな絵を
いくつか選んで自身の作品とともに展示してもらいます。彼らがそれらの絵を選んだ
理由からは、アーティストならではの着眼点や感性が浮かび上がってくるでしょう。
日々絵画と向き合っている作家たちが絵のどこを見て、何を感じ、考えているかを
知ることで、私たちもこれまでとは違った絵の見方、感じ方に導かれるかもしれません。
常に新しい表現に挑戦している彼らの作品に対しても、理解が深まることでしょう。
多様で奥深い絵画の「見方」を知って、あなたも絵画の「味方」になってください。
【参加アーティスト】

牛嶋直子(うしじまなおこ)

門田光雅(かどたみつまさ)

鬼頭健吾(きとうけんご)

原 游(はらゆう)

佐藤万絵子(さとうまえこ)


●会期
2020年6月27日(土)〜8月23日(日)
9:30〜17:00(入館は16:30まで)

●会場
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内 
TEL:027-346-5560
月曜日休館(※8/10のみ開館)
観覧料:一般830円、大高生410円