中西良 展『眩耀の果てに』@蔵丘洞画廊


中西良 曙光
     中西良 「曙光」72.7×72.7cm  油彩/カンバス 20S

中西良の仕事は、木々の葉と木洩れ陽が四季の色合いを滲ませ、
交響楽を聞かせるような街路樹シリーズによる、抽象的でモダンな
画面構成のものでした。 また所謂風景画に於いても現実を透過
したかの色遣いが品良く、カラリストとしてのイメージそのもの。
この度の新作はそのイメージを覆すかに変異したものに見えますが、
色と形の関係に対する芸術希求が昇り詰め、未踏の地にたどり着いたも
深化の姿でありましょう。
氏の新しい展開に、東洋の精神を宿した世界に通じる美術の眩しい陽が
射し込んだような高揚を覚えます。
(蔵丘洞主人敬白)


 
■会期
2020年7月18日(土)~8月8日(土)
日曜休廊
10:30〜18:30
 

■会場
蔵丘洞画廊 
〒604-8091
京都市中京区御池通河原町西入ル ホテル本能寺1F
電話 075-255-2232 
10:30~18:30 ¥無料